TASCRトップページ > カリキュラム

カリキュラム

復興農学マイスターコース

CAR: Certificate of Agricultural Reconstruction

資格名:復興農学マイスター(CAR: Certificate of Agricultural Reconstruction)

認定要件:復興農学講義に8回以上出席かつ復興農学フィールド実習に出席した者の中で、出席状況及びレポート等の評価により合格と判定された者。

コース 受講科目 単位 合計 対象
復興農学
マイスターコース
CAR
■復興農学講義(10回)
・5月12日~7月14日の毎週金曜日 18:00~20:00
 東北大学所属学生
(学部生・大学院生)、
本学以外の学生、
一般社会人
■復興農学フィールド実習(2泊3日)
 8月5日(土)~7日(月)
・被災地エクステンション(1日間)
 6月10日(土)

※単位については「よくある質問」を参照ください。

■復興農学講義の具体的カリキュラム

復興農学講義(講義45分、ディスカッション35分、講評等10分。青葉山新キャンパスで講義10回

  1. 開講式/新技術を被災地復興に生かすためには
  2. 被災地経済の復興とその課題
  3. 耐塩性植物の育種
  4. 畜産による被災地の復興を考える
  5. 福島の被災地域の河川における魚への影響
  6. 遺伝的地域性に配慮した津波被災海岸林の再生
  7. 海の恵みの有効利用-水産物の利用・加工の可能性-
  8. 農林水産業におけるエネルギー生産と資源循環の構築
  9. 農業・農村政策と震災復興
  10. 稲作農業生産環境の震災被害からの修復と環境保全型農業

■復興農学フィールド実習、被災地エクステンションの具体的カリキュラム

復興農学フィールド実習3日間+被災地エクステンション1日間

復興農学
フィールド実習
(2泊3日)
川渡の森林域、中山間域、沖積域、内水面フィールドにおける生産システムの実態把握と先端農学技術の応用について体験を通して学ぶ。また、グループディスカッションにより農業・農村の復興プランを作成し、提案・議論を行う。
被災地
エクステンション
(1日間)
被災地(福島県方面)に直接訪れ、震災の被害内容状況、今後の復興に向けての必要知識を体験を通して学ぶ。
※実習は、復興農学講義を8回以上受講した者に受講資格が与えられます。
※実習費については学生:10,000円、社会人:20,000円を予定しております。

IT農業マイスターコース

CAIT: Certificate of Agricultural Information Technology

資格名:IT農業マイスター (CAIT: Certificate of Agricultural Information Technology)

認定要件:復興農学講義に8回以上出席かつIT農学実習に出席した者の中で、出席状況及びレポート等の評価により合格と判定された者。

コース 受講科目 単位 合計 対象
IT農業
マイスターコース
CAIT
■復興農学講義(全10回)5月12日~7月14日
毎週金曜日 18:00~20:00
東北大学所属学生
(学部生・大学院生)、
本学以外の学生、
一般社会人
■IT農学実習(3日間)
・8月19日(土)、8月20日(日)、8月26日(土)
■被災地エクステンション(1日間)
・6月10日(土)

※単位については「よくある質問」を参照ください。

■復興農学講義の具体的カリキュラム

復興農学講義(講義45分、ディスカッション35分、講評等10分。青葉山新キャンパスで講義10回

  1. 開講式/新技術を被災地復興に生かすためには
  2. 被災地経済の復興とその課題
  3. 耐塩性植物の育種
  4. 畜産による被災地の復興を考える
  5. 福島の被災地域の河川における魚への影響
  6. 遺伝的地域性に配慮した津波被災海岸林の再生
  7. 海の恵みの有効利用-水産物の利用・加工の可能性-
  8. 農林水産業におけるエネルギー生産と資源循環の構築
  9. 農業・農村政策と震災復興
  10. 稲作農業生産環境の震災被害からの修復と環境保全型農業

■IT農学実習、被災地エクステンションの具体的カリキュラム

IT農学実習3日間+被災地エクステンション1日間

IT農学実習
(3日間)
最新の事例を交え、農業へのIT活用について体験を通して学ぶ。また、IT農業とは何か、またその可能性についてディスカッションを通じて検討する。(講義ならびにディスカッション、現地見学・実習)
被災地
エクステンション
(1日間)
被災地(福島県方面)に直接訪れ、震災の被害内容状況、今後の復興に向けての必要知識を体験を通して学ぶ。
※実習は、復興農学講義を8回以上受講した者に受講資格が与えられます。
※実習費については学生:4,000円、社会人:8,000円を予定しております。

復興農学ジュニアフィールドスペシャリスト

JFS:Advanced Certificate of Agricultural Reconstruction (Junior Field Specialist:JFS)

資格名:復興農学ジュニアフィールドスペシャリスト(JFS: Junior Field Specialist) ※学部生対象

認定要件:復興農学マイスターまたはIT農業マイスターのいずれか、並びに両方を認定された者で、次のいずれかの論文研究を行って学士の学位が認定された者。

1.センター教員の指導による学士論文研究

2.東北大学農学部長が認定する災害復興関連またはフィールド関連の学士論文研究

コース 受講科目 単位 合計 論文 対象
復興農学ジュニア
フィールド
スペシャリスト
JFS
追加科目なし 学士論文研究(下記いずれか)
1.TASCR教員の元での研究
2.災害復興関連の研究
3.フィールド関連
本学学部生のうち、
CARまたはCAITのいずれか、
並びに両方を取得した者

復興農学フィールドスペシャリスト

FS:Diploma of Agricultural Reconstruction ( Field Specialist:FS)

資格名:復興農学フィールドスペシャリスト(FS: Field Specialist) ※大学院生対象

認定要件:復興農学マイスターまたはIT農業マイスターのいずれか、並びに両方を修了した者で、災害復興合同講義の単位を修得し、次のいずれかの論文研究を行い、修士または博士の学位が認定された者。

1.センター教員の指導による修士または博士論文研究

2.東北大学大学院農学研究科長が認定する災害復興関連またはフィールド関連の修士または博士論文研究

コース 受講科目 単位 合計 論文 対象
復興農学
フィールド
スペシャリスト
FS
災害復興
合同講義
修士または博士論文研究(下記いずれか)
1.TASCR教員の元での研究
2.災害復興関連の研究
3.フィールド関連
本学大学院生のうち、
CARまたはCAITのいずれか、
並びに両方を取得した者

平成29年度 募集要項

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?平成29年度 第4期受講生募集 4月7日よりスタート!!一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

東北大学「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
平成29年度 第4期受講生募集 4月7日よりスタートします。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

(▲▲▲上記画像をクリックいただくと、募集チラシをご覧いただけます。▲▲▲)

復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction

震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology

震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

募集定員
1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度

※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。
受講資格
18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。
受講料
受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(社会人2万円、学生1万円程度を予定)
受講申込み
受付期間
◇一般社会人・他大学の学生:4月7日(金)~ 4月21日(金)
◇東北大学の学生:4月7日 (金)~ 4月20日(木)
お申込み方法
【一般社会人・他大学の方※】
下記の申込用紙(WordまたはPDFファイル)ご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri*ml.tohoku.ac.jp *を@に変換してください)を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。
※申込用紙はこちら:(Word形式PDF形式

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。
受講の許可
応募多数の場合は、学生・社会人とも抽選を行って受講者を決定し、4月26日(水)~4月28日(金)までに抽選結果を通知します。
よくある質問
センターに関する「よくある質問」については、こちらをご覧ください。